エステタウンて本

歌舞伎町への凸を試みる

エステタウン情報っていう雑誌を寝転びながら見ていました

某スラさんもレポってましたけど、僕も気になるコがいました
http://ameblo.jp/tagp5/entry-10978257542.html

寝転びながら読めるのは、
マンガで育った僕には、たまらないシチュエーションです
(´Д`)

それより、その前にカキたいことが
(´Д`)

新宿に向かう電車の中、僕の目の前に、隣に座る若い女の子に話しかけまくる、70くらいのおじい様がいました

「おネーさんの時計は小さいですね~」
「あっ、はい」
「僕のはこんな感じなんだよぉ」

と腕につけているGshockみたいな時計を見せている

腕時計をきっかけにするとは、なかなか昭和初期的な
(´Д`)

杖なしでは歩けなさそうですが、なかなかのバイタリティーだ
(´Д`)

隣の女の子が席を離れると、近くに立っていた女の子に声をかける

「おネーさん、ここ空いてますよ」

そして、

「おネーさんの時計は小さいですね~」
「あっ、はい」
「僕のはこんな感じなんだよぉ」

という具合です

ほんの数分前の出来事ですが、
男はやはりいくつになってもこうあるべきか?
と考えてしまいます

さて、もうすぐ歌舞伎町でございます
(´Д`)

実家でいいコにしてた歌麿様を、解放してきます

解放だジョー
8746dc31.jpg

 

 

↓良かったらポチっとしてくださいませ↓

癒されますわぁ~人気ブログランキングへ
気持ちヨカ♪にほんブログ村 リンパマッサージ
広がるエロの世界!FC2 Blog Ranking
十三・南方・新大阪のメンズエステ

エステタウンて本」への4件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。