上野 『レインスパ』楽をしても苦労苦労、苦労しても苦労苦労、お前が打たなきゃ~明日は雨ぇ~クロマティ~

上野発の夜行列車降りたらコケた

 

札幌~上野間を走る寝台列車カシオペアに乗っている間、ずっとER動画を観ていた僕のパンツはガーマンジールーでビチョビチョ

main_img

入谷口には思い出がいっぱいOPIなので、おパンティを乾かす意味も含めて凸乳してきました

上野「レインスパ」

アパホテルから名物社長が出てくるかと思いきや、そんなことはなく通り過ぎました

 

お電話で案内され、無事マンソンに到着しピンポンを押す

 

あーいあーいあーい

 

とは言わなかったですが、スムーズに扉が開き、スムーズにERベーターに乗り込めました

 

ドアを開けると、お出迎えは加藤あいと阿藤快を足して阿藤快を引いた感じのI嬢

 

要するに加藤あい似

 

渡辺直美とみくぴくらい似てる

 

シメーして、よかたーと思えるスレンダー美女

 

セラピストにしておくにはモタイナーイ

 

海辺で「あなた猿並ねー!スゴイわ!スゴイわ!猿並ねー!」と言いながらS◯Xする「海猿並」に出演した方がいい

 

90分16K

シメー2K

計18K

 

最近のメンエス料金の平均価格だ

 

これだけの料金だと、どーしても期待してしまうのは男のサガだろう

 

「では、シャワー行きましょ」

 

綺麗なバスルームに手を繋いで案内される

 

至近距離で見ると、綺麗さが際立つ

 

どんな作りをしてんだか

 

マジマジと見てしまう

 

「恥ずかしいですよぉ」

 

おっとりとした話し方がまたそそる

 

そんなこんなでシャワーは2秒で済まし、T紙Pを装着し、お部屋に戻る

 

戻る時も、お手手繋いでエッチラホッチラ

 

さて、うつぶせーナかと思いきや、このお店も「ゴアイサツ」をするとのことだ

 

「あぐらかいて座ってぇ~」

 

マターリとした話し方はスキだらけ

 

あぐらの上にミチャークしながらお座りするI嬢をダーキしメール

 

系列か?

それとも流行りか?

 

I嬢の肉感を全身で味わい、半BKした歌麿様をなだめながらうつぶせーナだ

 

「お疲れのところはありますかぁ?  」

 

「珍宝!珍宝!」

 

「うふふ」

 

まいっちんぐマチコ先生がボインダッチしてくる生徒をなだめるようにオイリーナを開始してくれました

20170115083540

頭をモチモチのフトモーモーで挟み込み、肩から背中をヌリヌリスリスリしてくれる

 

私のフトモーモー、スレンダーだけどモチモチでしょアピールのゴアイサツだ

 

そのまま背中に上がり、OK2からフトモーモーとふくらはぎをヌリヌリスリスリしてくれる

 

ちょうどええ体重は、天性のセラピストなのだと感じる

 

「元々は女性用のエステティシャンなんですぅ」

 

それは素晴らしい

 

こんな素敵なエステティシャンを、女性用エステにとどめておくのは男性的にも経済的にもモタイナーイ

 

足の裏まで丁寧にオイリーナしてくれる

 

力の入ったスリスリヌリヌリはさすがだ

 

脚を折り曲げ、柔らかいOPIに当て、足の指を一本一本オイリーナする

 

クサイ足もあるだろうに

 

「ニオイなんて気にならないよぉ」

 

半分は優しさでできているバファリンよりも優しいI嬢

 

この時点で再訪決定だ

 

足裏を終えるとなぜかハサミを取り出し、T紙Pをカッティングする

 

役目を終えた紙Pは、ただのゴミとなり、魔闘気が一気に解き放たれた

 

カエル脚になると、裏コマネチを丁寧にスリスリヌリヌリ

 

アメリカンホームダイレクトもビックリのスリスリヌリヌリにボルテージは最高潮

 

たぶんまだ前半戦だと思う

 

がしかし、この最高潮が最後まで続くのだ

 

この時点で再々訪決定だ

 

両方のカエル脚を終えると横向きになり、こちらからもハシムをされる

 

お胸がプニプニ当たる背中にミチャークされ、耳元にはI嬢の吐息

 

コカーンはハシムられる3点攻め

 

舞の海が得意にしていた三所(みところ)攻めだ

67ae9676

完全FBKのまま、今度はワンワンスターイル

 

これでもかと攻められるコカーンから、ダイヤモンドのようなガーマンジールーがライトに照らされながら恥ずかしそうに滴り落ちる

 

寂しんボの歌麿様

 

今日は全然寂しくないね

 

良かったね

 

遊んでもらって良かったねー

 

そして、お待ちかねの仰向けコール

 

美しいI嬢のお顔が妖艶さを増し、僕を見つめる

 

「気持ちいいですかぁ?  」

 

言わずともわかる答えを聞きたいらしい

 

ひと捻りした答えを言おうと思ったが、

 

「気持ちいいです」

 

と普通に答えてしまった

 

ジョイスティックのような歌麿様は、高橋名人と毛利名人に操られているような動きをしている

 

最高潮を継続させ、ガーマンジールーを溢れさせながら僕はI嬢に懇願してみた

 

「いいじゃないの~」

 

「ダメよ~ダメダメ~」

 

「いいじゃないの~」

 

「ダメよ~ダメダメ~」

 

連続でアケミちゃんを登場させる程、疲れているらしい

 

やはり寝台列車の疲れが出てきたか

 

それでも懇願する

 

「いいじゃないの~」

 

「ダメよ~ダメダメ~」

 

「いいじゃないの~」

 

「ダメよ~ダメダメ~」

 

「いいじゃないの~」

 

「お疲さまでしたぁ~」

日本エレキテル連合TOP画像

上野の街へ出た僕は、徳永英明の歌を歌う

 

こんな時に歌うレイニーブルーは、なぜか心に染み渡りますな

上野 メンズエステ「レインスパ」はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。