つつじヶ丘 『クリスタルウォール』つつじの花言葉は、私をスキーに連れてってを観た後に調べることにしよう

YouTubeでマイク・タイソンとナオヤ井上のKOシーンを観ながら京王線に乗り込みました

 

僕のような島国育ちの田舎者に、この複雑な乗り場は迷いまくる

 

京王線と京王新線とはなんぞや

 

全く違う方向に行ってしまうのか

 

今はスマホで乗り換え情報がみれますが、ひと昔であればどうなっていたことか

 

駅に貼ってある路線図をガン見するか、駅員さんに聞くとかか

 

田舎モンらしさを澄ました顔で隠し、スマホをチラチラみながらつつじヶ丘に向かいました

つつじヶ丘「クリスタルウォール」

北口を出てテクテク歩く

 

クリスタル?

ウォール?

 

オーナー様はスターウォーズ好き?

若しくはインディジョーンズ好き?

 

いやいや

 

聖闘士星矢好きだろう

 

しかも、ジャミールのムウ好きだ

お電話で案内されたマンソンを上がり、ピンポンを押すと薄暗い部屋からスタイルのヨカY嬢がお出迎えしてくれます

 

「寒いネー」

 

「さぶさぶ」

 

北島三郎のモノマネをしながら暖かいお部屋へ通されると、少しホッとした

 

島国育ちにこの寒さは極寒と言っても過言ではない

 

週エスの70分8Kをみせるが、「こっちの方がいいヨー」と別の料金表を持ってきてくれた

 

いろER話し、結局60分11Kで落ち着く

 

14Kバージョンもあったが、これでも期待のできる料金だ

 

お部屋戦隊はどうするか聞かれたが、そこはノーサンキュー

 

服をヌギヌギし、バスルームへ向かった

 

アツアツのシャワーを浴び、凍えそうなカラダを温める

 

湯舟にでも入りたい気分だが、まぁいいだろう

 

すぐさま暖かいお部屋に戻ると

 

「早いネー」と言われた

 

スタイルのいいY嬢をちょっとだけハグハグする

 

ERっぽさがカラダに伝わってくる

 

だいぶヨカ

 

これで巨NEWならなおさらヨカ

さて、うつぶせーナ

 

下からくる電気カーペットの暖かさがたまらなく嬉しい

 

タオルをかけ、全身をほぐしてくれる

 

マッサ自体は可もなく不可もなく

 

それほど教育をされているわけでもない様子で、背中からOK2、脚へと進み足裏をグイグイ押している

 

あーい

あーい

あーい

 

タオルをはぎ取り、もこみちの塩かけのようにパウダーをふりかける

 

そして、のばす

 

フェザータッチではない、ただのばすだけ

 

これでは……

 

と思ったが、これは次の展開への序章にすぎなかった

 

パラ

 

シャシャシャ

 

ハラリ

 

パサ

 

何かを取った音だ

 

てか、わかってる

 

郊外にあるチャイエスの秘密のパラレルワールド

 

京王線は特にアツイアメージングワールドだ

 

背中に感じる柔らかな突起物

 

YES!タカスクリケット!

 

柔らかな突起物は、サラサラのパウダーの上を滑る原田知世のよう

 

あぁ

 

いいさ

 

何度でもスキーに連れてってあげる

 

パウダースノーは君だけのものさ

 

ガマンの限界を感じたカラダが勝手に仰向けへ

 

もう言うことはない

 

風の吹くまま気の向くまま

 

お玉袋で製造販売しているカルピスソーダは、工場を駆け上がり高い煙突へと登りつめる

 

2秒に1度の刺激と興奮

 

心拍数が急上昇する

 

あぁ

 

新しい年を迎えたのね

 

僕はつつじの花言葉をつぶやきながら、曙のようにKOされるのでありました

 

「キンガシンネーーーーーーーーーーン!」

2973705532_5ab475a744

KO線に向かう途中の松屋で牛丼を食べる

 

あぁ

 

今年も始まったな

 

そんなことを考えながら、つつじヶ丘の闇に消えていくのでありました

 

つつじヶ丘アジアンエステ「クリスタルウォール」はこちら

 

 

↓よろしければポチっと押してください♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
メンズエステブログがズラリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。