金町メンズエステ『ダイヤモンドスパ』ゴールデンタウンでのプラチナチケットは、オナニーマスターへの近道だ

ニコニコ漫画で「オナニーマスター黒沢」という漫画があるらしい

 

検索してみると、ズラリと並んでいました

 

この漫画を読んでいたら日が暮れちゃいそうなので読みませんが

k002
実はこれ、ガストでご飯を食べている時に隣にいた男子高校生たちが話していたのです

 

そんな漫画があるのか!

なんてチャーミングなタイトルなのだ!

 

心の中で小躍りしたものです

 

おっさんに必要なのは若者の情報

 

彼らは今どこで何にハマっているのか

 

知りたい尻タイ

 

歌麿の名刺を渡して友達になってもらおうか

 

しかし、こんなハゲで中年太りでブリーフから片玉がはみ出しているおっさんを相手にするだろうか

 

あぁ……

 

お主らのその若さが欲しい

 

0.2秒でFBKする若さが欲しい

 

下ネタから大学受験まで幅広く話すその若さが欲しい

 

可能性の塊魂だ

 

しばらく聞き耳を立てていると、今度は仕事の話になった

 

「お前は薬剤師か〜、オレ、フリーターでいいや」

 

「フリーターはやめとけよ〜」

 

「実はオレ、ライターになりてえんだ、誰かの文句をずっと書いてるライターってオレらしいだろ?  」

 

「そうだな〜」

 

おぉ

 

書くか?

 

書いてみるか?

 

つーか、お前のような10代のピチピチ男子は、漫画の原作者かライトノベル作家か小説家を目指せ

 

ライターなんて、いつでもできる

 

いつでもできるぞー

 

席を立った僕は、若者にニヤリと微笑み、各駅停車の常磐線に乗り込みました

 

金町「ダイヤモンドスパ」

 

場所と名前だけで期待値が上がるお店は珍しい

 

僕たち中年は、基盤店ズラリ時代の金町を知っている

 

金町ゴールドがバリバリだったのも知っている

 

ダイヤモンドという日暮里の名店は、いまも輝き続けている

 

しかもこのお店はメンズエステ

 

オナニーマスター黒沢レベルの魅力があるので、思わずお電話してしまった

久々に降りたった金町駅からタクシーで向かう

 

1Kもかからない距離の静かなマンソンで、殿方たちをひっそり癒しているらしい

 

こっそり中へ入ると、OPIのターニーマーが魅力的な熊谷◯実似のE嬢が笑顔でお出迎えしてくれる

 

 

下を見るとうす暗い玄関にネコのご飯がある

 

カリカリ食べるタイプだ

 

反対側にはペットシートもある

 

ネコがいるのか?

 

ネコ嫌いは引いてしまうだろうが、偶然にも僕はムツゴロウタイプなのでそのまま奥の部屋に入っていった

 

「まだ寒いですねぇ」

 

クリクリお目目でハキハキしているので、余計熊谷真◯に見えてしまう

 

「みゆきは元気? 」

 

「はい? 」

 

「龍平は元気? 」

 

「はい? 」

 

「翔太は元気? 」

 

「はい? 」

 

90分13K

OP3K

 

服をヌギヌギし、うす暗い廊下を通りバスルームへ向かう

 

チャッチャと浴び、T紙Pを装着してお部屋に戻る

 

ネコと遭遇するかと思ったが、姿はなかった

 

空気の読めるネコなのだろう

 

お部屋に戻り、うつぶせからマッサ開始

 

タオルをかけての全身ほぐし

 

ド定番のスタートなので、僕も何度書いたことか

 

タオルをかけての全身ほぐし……とはいかず、いきなりのフェラ攻撃!!

 

なんてお店に遭遇したいものだ

 

しかし、このセラピちゃん

 

ほぐしながら、コッてる部分を教えてくれる

 

そしてコッているところは、しっかりチカラを入れてくれる

 

さすがは優作の義姉

 

ヨカト

 

ジョー阪神のタオルをめくり、肩、首、背中をオイリーナ

 

全体的に伸ばすのではなく、左半身から丁寧にスリスリヌリヌリ

 

「マッサージはよく行くのですかぁ?  」

 

どこのお店でもよくある質問だ

 

マニュアルなのか?

 

ここで「生まれて初めて」や「女の子にカラダ触られるの初めて」などのボケをすると、大概引かれる

 

普通に答えて自然体でいないと、女の子のテンションも下がってしまうのだ

 

ジョー阪神から脚に周り、片脚ずつのオイリーナ

 

ふくらはぎからフトモーモー

 

さらに足裏も丁寧にグリグリしてくれる

 

普通に気持ちがいい

 

足裏マッサは定期的にやりたいが、安いところに行くと出てくるのは中華男子

 

華男

 

ハナダンだ

 

そしてフルパワーでグリグリする

 

「ぐおぉ〜」と悶えると

 

「痛いけど、後でスキーリするカラー」

 

と必ず言う

 

それに比べて、メンエスでの足裏マッサは力加減もちょうどええ

 

グイっときても女の子なので許せてしまう

 

「気持ちええよー」

 

「うふふ、でわぁカエル脚でぇ」

 

フトモーモーからのオマータカスリがなかったので、次のカエル脚に期待だ

 

カエルになると、さっそくチロチロと指指様が入り込んでくる

 

ふむふむ

 

いいぞ

 

金町らしくグイングインやっておくれ

 

反対の脚も、チロチロカスカス

 

いいぞ、金町

 

カスっとる

 

カスっとる

 

たまに……

 

YES!

 

アメリカンホームダイレクト!

 

YES!

 

カモン!金町!

 

YES!

 

YES!

 

YES!

 

……

 

F…

 

B…

 

K……

 

そこからワンワンで

 

YES!

 

YES!

 

カモン!

 

YES!

 

カモン!金町!

 

YES!

 

YES!

 

凛としたワンワンのまま、腰をカクカクする

 

「気持ちええ……」

 

カクカク

 

カクカク

< br />

「すごいカクカクしてますよぉ」

 

金町らしく金町音頭を腰で表現してみた

 

カクカク

 

カクカク

 

ガーマンジールーでT紙Pが溶けそうなくらい

 

カクカク

 

カクカク

 

「でわぁ……」

 

言葉の途中で反転し仰向けになると、クリクリお目目のE嬢がターニーマーを揺らしながら微笑んでいる

 

Aスタイルの真ん中に陣取り、コマネチエリアをスリスリヌリヌリ

 

たぷーりオイルでスリスリヌリヌリ

 

そして柔らかいロミロミ部分を使い、カニバーサーミー

 

グニュグニュされる歌麿様は紙Pの中で桃色吐息

 

そしてもう一度、コマネチエリアをスリスリヌリヌリ

 

たぷーりオイルでスリスリヌリヌリ

 

からの

 

カニバーサーミー

 

からの

 

カニバーサーミー

 

からの

 

カニバーサーミー

 

流れるような攻撃にガーマンジールーという名の泡を吹き出す歌麿ガニ

 

嗚呼……

 

広くて真っ白な砂浜が見える

 

横歩きしかできない歌麿ガニは、完全FBKの最終形態のまま海に戻る

 

嗚呼……

 

もう何時間、潮に流されただろう

 

嗚呼……

 

波の音しか聞こえない

 

嗚呼……

 

ここはどこだろう

 

ここは……

 

ここは……

 

金町か……

 

「お疲れ様でしたぁ」

 

「ウエイト  ア  モーメントーーーーーー!!」

 

P1020207_ks

静かな住宅街を歩き、金町駅へと向かう

 

笑顔の家族や元気に走り回る子供たち

 

先程まで完全FBKだった僕が、こんな爽やかな風景の中に溶け込んでいいのかしら

 

そんなことを考えながら、テクテクと金町ゴールドへ向かいました

金町メンズエステ「ダイヤモンドスパ」はこちら

 

 

 

 

↓よろしければポチっと押してください♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
メンズエステブログがズラリ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。