大崎『スイートアロマ』ごっついキワキワのビックリハウス

住宅街にまぎれ込んだエロスの館

ディズニーランドのアトラクションに追加したら、大人たちが行列を作るかもしれません

大崎「スイートアロマ」

つけめん大王を曲がった辺りから、風貌が大王っぽくなっていました

ヒゲを生やし、ガニ股で歩きながらビックリハウスにたどり着くと、キラキラしたお目目の女の子が玄関を開放

「こんにちわ、大王様ぁ」

一軒家に住んでいる可愛らしいお隣さん、という雰囲気

回覧板を届けているうちに仲良くなって、駅前の魚民辺りで生ビールを傾けるイケナイ関係になりたい若奥様的雰囲気

AVで良くありそう

さっそく、若奥様のM嬢が2階へ案内してくれる

初対面の若奥様に、いきなり2階へ案内されるシチュエーションなんて、人生にはほぼないでしょう

「奥さん、い、い、いいんですか?」
「はい?」

ソファに座り、簡単なアンケートに答え、90分12Kを支払う

ディープなんちゃらというオプションがありましたが、つけないでのぞむことにした

シャワーを浴びて、久々の横スカ紙Pを装着

いつでも、お手手カスリーナカモン状態でうつぶせーナ

タオルをかけ、軽くほぐしてくれますが、時折あるバデーフィットが、なんかいい

丁寧なオイリーナで片脚ずつスリスリ

横スカなので、コ・カーンまでお手手が伸びてくるとお袋様にフィットする

good  and  more

両脚が終わると、背中から肩へと移行する

むむむ

このまま進むのか?

「では、蒸しタオル持ってきますね」

おぉ…
シンプル店か…

温かいタオルで丁寧にオイルを拭き取る

「温かいですかぁ?」
「温かいよー」

すると、

「では、カエル脚でぇ~」

ほーほー

オイルを拭き取った後での、うつぶせカエル脚

そして、横スカ紙Pが大活躍するディープなコマネチーナスリスリ

深く切り込むディープディープコマネチーナスリスリ

よいではないか
よいではないかよー

絶叫したくなる心と、完全FBKの歌麿様

左右から切り込むディープなお手手

こんな技を隠し持っていたとは
(*_*)

「では、仰向けで♪」

タオルをかけてもわかるトンガリ歌麿

このビックリハウスは只事ではない

2階建ての一軒家の天井を貫きそうなトンガリ歌麿を横目に、頭側からデコルテーナスリスリOPI覆い被さりムニュムニュMIX

どこぞのラッパーも、yo-yoと言いそうな勢い

再び化阪神に回り込んだM嬢が、歌麿マイクを上に向ける

スタンドマイクならぬ、スタンド歌麿だ

いいぞ

唄っておくれ

カナリアのような歌声で唄っておくれ

「いとしの歌麿様ぁ」

「なんだい?アルテーシア」

「もうそろそろお時間が…」

「あ、あぁ…」

「お疲れ様でした…」

「お疲れした…」

75783f0a

ホワイトベースのような一軒家を後にした僕は、自動販売機でコーラを一気に飲み干した

ブライトさんがいたら、やはりコーヒーを飲むのだろうか?

そんな、どうでもいいことを考えながら大崎の闇に消えていきました

大崎「スイートアロマ」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。