新宿メンズエステ『ルアウド』 ピアノを奏でるようなフェザータッチのセラピストさんは、ウィーンに留学していたピアニストかもしれませぬ

ジョナサンでランチを食べていると、30代の営業マンが2人入ってきた

2人とも関西弁だ

取引先同士のようで、最初は仕事の話をしていた

なんの部品だ?

レンズ?

望遠鏡?

ピアノ?

なんの営業マンだ?

しかし

ピアノの部品一つとっても、こういう風に営業するのですな

もしかして、財津一郎でおなじみのタケモトピアノか?

新宿「ルアウド」

南口からテクテク歩く

相変わらず人が多いし、車も多い

長いこと生きてきましたが、すれ違う人たちは皆、初対面なのだろう

案内された雑居ビルで受付というのでERベーターで上に上がる

男性の受付ですが、丁寧なのでホッとしました

まぁ全ラーで行ってたら、シバかれてただろう

コース料金を支払い、OPもしっかりつけておく

再び、ERベーターに乗り込み、指定されたマンソンまでまたテクテク歩く

新宿の街は今日もあわただしい

そんな僕もあわただしく歩く

ピンポンを押すとプルプルのターニーマーを搭載したセラピちゃんがお出迎え

クリクリお目目で見つめられると、ソワソワしますやん

「怪しいものではありません」

「うふふ、どーぞぉ」

ワンルームタイプのお部屋はやはりいい

お手手を繋いで中へ案内してくれる

ファーストタッチはお手手同士

柔らかいお手手は小さく、そして少しだけ湿っていた

さっそく胸が高まる

「あなた高い教育を受けてますね」

「いえいえ」

お茶をひとくち飲み、エミネムのような服をヌギヌギしていると

「ではでは」

ほほー

ヌギアシ付きですな

「あなた女子師範付属高等女学校出身ですか」

「違うよー」

至れり尽くせりっす

2秒でシャワーを浴び、紙Pを装着する

お部屋へ戻り、うつぶせーナ

という、いつものパターンではなく、ソファーに腰かける

いいぜ
ナイストリッキー

「失礼しまぁす」

あぐらからのスタートは何度か経験がありますが、ソファースタートは麻布十番以来か

いや、あれは途中からだったか

途中からなら本郷三丁目にもあったな

凸乳したお店が次々と頭をよぎる

そんなことより目の前のセラピちゃんのOPIが……

あぁ……

やっぱ

これって

いいっすね

ダッコちゃん状態から、肩から首を丁寧にマッサしマッサ

からの

ケンコー骨や腰の辺りをモミモミモミモミ

あぁ……

計算され尽くされている

さらに腕をモミモミ

からの指先をもみほぐしーノ

からの

からめーノ

半分くらいの人生しか歩んでいない若い女の子に翻弄される

歌麿様も開始早々、紙Pを持ち上げはじめた

「おっさん、ドキドキしちゃう」

「もっとドキドキしてくださいね」

セラピちゃんの手の平で転がされるマナ板のBKした鯉状態

モゾモゾしていると、ここで優しくうつぶせコール

「うつぶせしづらいわ〜、うつぶせしづらいわ〜」

品性下劣なおっさんのように、化阪神を気にする

気にしてほしいように気にする

「うふふ」と優しく微笑むセラピちゃん

仰向けからしてほしかったですが、仕方ないのでうつぶせーナ

まず頭側から背中をマッサしマッサ

軽くほぐしてくれる

うーん

普通に気持ちいい

オイリーナに移行すると、腰から肩、そして腕から指までしっかりとヌリヌリスリスリ

アンド

ふんわりほわほわ

背中に感じる

ふんわりほわほわ

ヨカト

脚側へ移るとオーマーターまでしっかり伸ばし、カスリーナさせるナイススリスリ

繰り返し行うスリスリヌリヌリに歌麿様にも血液が集まる

いわゆるひとつの、わかってらっしゃるマッサだ

何度か往復すると足ツボマッサまでしてくれる

こんな若いコに、納豆が生えている足ウラを丁寧にマッサされるなんて

天使ですかー?
妖精ですかー?

「クサイでしょ? 」

「そんなことないですよぉ」

女神ですかー?

ストレッチも忘れずグイグイし、足先をオイリーナで少し湿ったふんわりほわほわな部分へ

あぁ…
いいんですかー?

こんな僕のを……
いいんですかー?

そして、真ん中に陣取り、逆Aスタイル

からの

裏コマネチスリスリ

これはいい

オイルをタプーリ使い

スリスリヌリヌリ

Oh……

素晴らしか

素晴らしかラスカル

文字にするにはモタイナーイ

百聞は一見にしかず

という言葉を考えた人は、今どこで何をしているのでしょう

その人に言いたい

「その通り!」

そして、FBKの歌麿様を押しつぶすようにカエル脚になる

押しつぶすと痛いので、少しだけカラダを斜めにする

こうすると楽だし、コマネチラインにスキができる

カモンベイベーお手手ちゃん

上から下から切り込んでくるヌルヌルのお手手が、コマネチラインを縦横無尽に動きまわる

完全FBKの歌麿様は、カスリまくるお手手ちゃんに、いちいちお礼をする

「ありがとうな」

「ホンマ、ありがとうな」

西川きよしのように丁寧にお礼を言う

「ありがとうな」

「ホンマ、ありがとうな」

「気ぃつけて帰りや」

そしてワンワン

やすしくんー!

今のエステじゃ

ワンワンするんやてー!

ふんわりほわほわを感じさせながらコマネチラインに切り込んでくるお手手に、眼球が飛び出しそうになる

電話してちょーだい

もっともーっと

たけもっと

的なフェザータッチ

「あなた、ショパンの生まれ変わりですか? 」

「違いますよぉ」

グイっと伸ばしたお手手ちゃんは、コマネチを通りB地区まで到達する

そして、歌麿様経由でお戻りになる

ナイス過ぎますやん

やすしくんー!

メガネなくても

楽しいでー!

発情した歌麿ワンワンは、今日も腰をカクカクする

すると

「そのままこちらへ〜」

Oh……

考えますな

これ、裸エプロンを後ろから責めるヤツですやん

しかも僕、裸エプロン役ですやん

M男としての魂が細胞レベルで目を覚ます

B地区勃ちますやん

ヌルヌルネチャネチャのまま、B地区だけではなくコマネチラインにもスリスリヌリヌリ

お手手何本ありますの?

膨らませた紙Pが、鏡に映る

あぁ…

今日もこんなんなってる

クリクリお目目のセラピちゃんが、いたずらそうな笑顔でさらに責め続ける

ありとあらゆる角度から切り込ませ、僕の心を掴んで離さない

一つ一つの動きに意味を持たせ、反応を楽しんでいるよう

「コマネチの論文でも書くの? 」

「うふふ」

優しく微笑むと、さらにコマネチを責め続けた

眠れない街

もう一度

星屑の微笑みを

熱く熱く届けたい

少年の夢抱いて……

「電話してちょーだい」

「はい? 」

「さわてーちょーだい」

「はい? 」

「もっともーっとたけもっと」

「お疲れ様でしたぁ」

「新宿ザメーーーーーーーーーーーーー!」

暗くなった新宿は、さらに人がいっぱいOPI

この中に1人はいるだろう

タケモトピアノのCMは撮り直さないのですか?

とタケモトピアノに電話した人が

再訪決定

 

新宿メンズエステ「ルアウド」はこちら

 

 

↓よろしければポチっと押してください♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
メンズエステブログがズラリ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。