北千住メンズエステ『アロマニコ』 ニコ・ロビンのOPIに挟まれた歌麿様をそのままニギニギしてほしい今日この頃の巻

マルイができる10数年前の北千住駅は何もなく、西口を出て右側はだだっ広いので空き地が広がっていて、左側を見ると怪しいお店が並ぶ暗い路地裏

田舎から出てきた僕が、初めて見た北千住はまだそんな感じでした

その時から助平プレイヤーでしたので、しっかりピンサロを堪能したのは言うまでもありません

ブヨブヨした階段に湿っぽいソファー

デブ在籍率の高いピンサロで花びら大回転

あの頃に比べたら、北千住もだいぶ東京っぽくなりましたな

北千住「アロマニコ」

テクテク歩き、マンソンのピンポンを押す

北千住にメンエスがこんなに増えるなんて、10数年前では想像もつきませんでした

この綺麗な店内を見ていると、あの時のピンサロは夢? と疑ってしまいます

「どうしましたぁ? 」

「あ、いえ……」

戸惑う僕に優しく声をかけてくれる担当のS嬢

包み込むような笑顔と挑発的なターニーマーが眩しい

ホンネを言えば

触りたい

触りまくりたいし

ピンサロごっこしたい

90分16K

当然、リンパ20分2Kもつける

「花びら大回転……」

「はい? 」

花びら大回転なら何回転できるのだろう?

聞こうと思いましたが、やめときました

「でわぁ、シャワーどうぞぉ」

そういえば、ピンサロにシャワーなんてなかった

汗まみれで行っても、おしぼりでチョイチョイと拭くだけ

そりゃソファーも湿っぽくなるわ

そう考えるとメンエスは素晴らしい空間だ

「素晴らしいね! 」

「あ、ありがとうございます」

2秒で出てきていきなり「素晴らしい!」と言われ、戸惑うS嬢

なんか可愛い

「でわぁ、うつぶせでぇ」

全身にタオルをかけてほぐしてくれる定番の開始

グッと圧をかける辺り、なかなかの経験値だと思われます

「気持ちいいっス」

「ありがとうございますぅ」

全身を終える頃、頭側にまわりこみ背中のマッサをしてくれる

顔の両側にくるフトモーモーに挟まれ、フトモーモーパフパフ状態

このまま顔を上げたら……

見えるだろうな

オーマーター

見ても良いのか?
それともこのまま伏せておくか?

見ちゃえよー

いや、ここは紳士になるべきだ

見ちゃえよー

いや、ダメだ

フトモーモーパフパフは、理性と本能の葛藤

ちょっとくらいはいいかな

そんな時ことしたら、この後冷めた目で見られる

ちょっとは……

ダメだ

ちょっとは……

ダメだ

ちょっとは……

「でわぁ……」

と言いながら脚側へ移動してしまった

あぁ……

見たら見たで後悔するし、見なければ見ないで後悔する

結局、どちらでもヨカばい

「どうしましたぁ? 」

「いや、別に……」

オイリーナマッサに移行し、脚からスリスリヌリヌリ

普通に気持ちええ

カエル脚になると、ネトーリマターリとコマネチラインに絡みつく

時間の流れがユターリになる

背後に感じる柔らかいお肉感と、絶妙な指の動き

時折カスるテキニッキに、さっそく紙Pの中の歌麿様は、元気100倍アンパン麿となる

そのままフトモーモーをカラマセーノ

ネトーリマターリなミチャークからのスリスリヌリヌリ

流れるようなマッサしマッサに関心しながら、ワンワンコールを受ける

「喜んで! 」

庄屋のバイトのような返事でワンワンになる

ナイス、ワンワンスターイル

凛としている

今日も僕は、凛としている

数多くいるエスターの中で、最高級のワンワンだろう

そんなことは関係ないと言わんばかりに、後ろから責めたてる

凛とした姿をふにゃふにゃにするネトーリマターリなコマネチスリスリ

くはっ

ん〜

くはっ

ん〜

くはっ

力を全て奪われたバカ犬の僕は、再び責められ完全FBKとなる

「ワォ〜ォ〜ォ〜……」

サイレンに吠えるバカ犬の僕は、すでにS嬢の奴隷犬

紙Pの中をガーマンジールーで濡らすだけである

「でわぁ、仰向けでぇ」

仰向けになり、卑猥なテントを見てもらう

「こんなんなっちゃった」

「うふふ」

頭側にまわり、優しくデコルテをスリスリしてくれるS嬢

もう、しょうがないな的なデコルテーナからのB地区マッサで、徐々にテントがしぼんでいく

「落ち着いた? 」

「ワォ〜ォ〜ォ〜……」

そう言いながらも見上げれば、OPIが眼前に迫っている

ワン食い競争の小学生のように、口をパクパクするが、完全にスルーだ

脚側にまわり、カエル脚でスリスリヌリヌリ

絶妙なテキニッキから、またフトモーモーを挟みこみネトーリマターリしてくれる

ドバドバオイル系なのか、なかなかの滑らかさ

そして……

最後の仕上げに入ると、笑顔を見せながらスリスリヌリヌリを始めてくれる

その手は、また妖艶で

そして、絶妙で

温かさもある

全ての動きに経験値を感じる

男心を知っている

素晴らしかラスカル

ちょっと甘えたい

聞いてみるか

「あの〜」

「はい」

「花びら……いや」

「はい? 」

「ピンサロごっこしたいっス」

「お疲れ様でしたぁ」

「ニコニコロビンソーーーーーーーーーーーーーーーーン!!」

駅前のマルイに入ると、ここが北千住であることを忘れてしまいます

青葉に入り、ラーメンをすする

思い出がいっぱいOPIの北千住は、今日も優しかったです

 

北千住メンズエステ「アロマニコ」はこちら

 

 

↓よろしければポチっと押してください♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
メンズエステブログがズラリ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。