大塚発『フルーツパーラー』後編 生フェラは地球を救います

「こんにちは」

 

入ってきたのは、巨乳のM嬢

 

服を着ていてもわかるロケットオッパイは、僕の股関を開始早々に刺激した

 

オールヌードコース
50分11K

 

「では、脱ぎましょう♪」

 

一枚一枚脱いでいく

 

コートの下に着ていたセーターに手がかかると、とんでもなく大きいオッパイが姿を現した

 

「オッパイ大きいね」

 

と言った瞬間、僕はM嬢のブラを外しにかかっていた
いつの間に…

Σ(´д`;)

自分でも気がつかないほどのブラ外し

 

からの

 

オッパイモミモミモミモミモミモミモミモミ
モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

 

全裸の僕はすでにFBK

 

発情した柴犬のように、真っ赤なおチンポを真っ直ぐ天に向けている

 

「焦っちゃダメよぉ」

 

しっぽを左右に振りまくる柴犬麿は、シャワールームへと連れていかれ、一緒にアワアワしてもらうのでありました

 

お部屋に戻り、うつぶせーナ

 

落ち着きを取り戻した柴犬麿は、オイルのヌリヌリーナに満足顔

 

リンパの流し方を勉強したらしく、しっかりとしたオイルマッサを繰り広げてくれました

 

「オッパイ!オッパイ!」

 

柴犬麿が遠吠えを始める

 

「オッパイ!オッパイ!」

 

夕方のサイレンに反応するおバカな柴犬と化した僕は、心の底から遠吠えを続けた

 

「もうしょうがないなぁ」

 

仰向けーナコールで反転すると、おチンポ目掛けてM嬢のお口が近づいてくる

 

パク

 

あ…
(;´Д`)
くわえたお口の中で、ぬっちゃりねっちゃりと舌が動きまわる

 

そうとうな使い手だ

 

ダイレクトにくるエクスタシーは生フェラ独特のものだろう

 

それにしても助平過ぎる

 

可愛らしいフルーツのお名前でも、実体は濃厚な熟れた果実

 

挟まれたオッパイに身を任せると、柴犬麿は再び遠吠えを始めるのでありました

 

「フルーツ屋ケンちゃんより、洗濯屋ケンちゃんの方が濃厚スよー」
「何それー」

 

「ドーーーーーーーーーーーン!」

ボン

 

 

 

 

「ドンドンドンドン!」

39025748.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

「ドーーーーーーーーーーーン!」

ボン

 

 

 

 

「ニャーーーーーーーーーーー!」

o0220016512520059695

 

大塚駅に向かう途中、バッティングセンターが目に飛び込んできました

 

来年のドラフト会議のために、打ち込んでこよう

 

ぐったりした下半身のバットが、そうつぶやいた…気がした

 

大塚「フルーツパーラー」選択希望選手 読売ジャイアンツ 1位 ゴンザレス歌麿 油まみれ高校 発射手

 

大塚発『フルーツパーラー』後編 生フェラは地球を救います」への2件のコメント

  1. いつもアホな ・・・・・素晴らしい文章力で面白いです。
    参考にさせていただいてます。
    ぜひぜひ大塚方面を増やしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。