鶯谷『赤坂治療院』なでしこ悶絶エステ その弐

つづき…

「ゼンリツセンマッサ好きなのぉ~?」

「ちょ、ちょっと興味があって…」

「そうなのぉ~?」

と、また不敵な笑みを浮かべた

僕のオマタの間に入り、お袋様と歌麿様をゆっくりいじり始める

「ほぉら、大きくなってきたぞぉ」

「ほぉら、ほぉらぁ」

美紀子様がイタズラそうな目と、妖しげな笑みを浮かべながら、右手に薄いゴム手袋を装着する
(´Д`)

「はぁい、足を曲げてぇ~」とM字開脚になり、美紀子様に恥ずかしい部分が丸見えに
(´Д`)

そして、ローソン投入

歌麿様、お袋様、お菊様がローソンまみれになり、美紀子様のユビユビ様がお菊様のまわりをタコアシのようにネットリヌッチャリ這いまわる

一方、左手は歌麿様を優しく包み込み、ゆっくりとしたピストン堀口運動をさせていく

タコアシのような右手は、時折中心部をスリスリ刺激し、ヒクヒクするお菊様をみては

「ほぉら、ヒクヒクいってるよぉ~、ほぉら、ほぉらぁ」

と言葉でも攻めてくる

初めて体感する未知の感覚に頭を横にフリフリ、悶え続ける僕

「ほぉら、いくよぉ~、ほぉら、ほぉらぁ~」

と、さらに妖しげな笑みになった美紀子様が、ゆっくりお菊様にユビユビ様をソー入してきた時、「悶絶」を通り越した「何か」に変わった

お菊様の奥から今まで体感したことのない大きな快楽と、排便をしそうになるはずかしめ

左手で刺激する直接攻撃で歌麿様は、驚くほどの硬直をし、究極の快楽と悶絶の向こう側にたどり着いた僕は、身体中の体液を歌麿様の先端から大放出してしまった

あ~~~う~~~~

しかし、美紀子様は手をゆるめない
(´Д`)

男子ならわかるであろう
放出後の敏感になった先端を…

その先端をさらに刺激し続ける

これはあの「潮吹き」へのプロローグ!

美紀子様はさらに加速し、敏感過ぎる歌麿様を刺激し続けた

「ほぉら、ほぉらぁ、ほぉら、ほぉらぁ~」

頭を横に激しくフリ、金髪エーV嬢のようなあえぎ声

悶える僕をみて、もう一段階激しさを増す歌麿様への攻撃に、脳ミソがケイレンしそうになった時

思わず美紀子様の足をつかみ、ついにギブアップを宣言してしまった
(´Д`)

あ~~~~う~~~~~~~

風俗人生初の「黒星」を喫した瞬間でした
(´Д`)

ぐったりと横になってる僕に、優しく髪をなでてくれる美紀子様

もうそこには、サデスティックの神様に憑依された美紀子様はなく、また元の、優しいエステティシャンに戻っていた

最後に、腰回りのゼイ肉の取り方を教えてもらい鴬谷を後に
(´Д`)

若干、おケツに違和感を感じながらも、なにくわぬ顔で電車に乗りんだのは言うまでもない

僕はきっと変態なんだろう

何かを開眼した僕は、電車の窓から見える景色を眺めながらこうつぶやいた

「これでいいのだ」

鶯谷「赤坂治療院」はこちら

鶯谷『赤坂治療院』なでしこ悶絶エステ その弐」への18件のコメント

  1. redhdと申します
    優しい微笑みと言葉責め♪
    普通では相容れない両者が混じり合うと
    想像もできない光景が見えそうですね…
    かなり興味を持ったのですが
    未知の世界への好奇心と恐れが…

  2. >アンマスキーさん
    アンケートの時、前立腺上手?て聞いてからお願いしました
    (・o・)
    ウ○コ漏らしそうになりますけど、いままでの中で一番悶絶しましたね
    気持ちいいという感覚というよる複雑な感覚です
    でも、不思議なことに、オケツが敏感になった気がします
    (・o・)

  3. 予告もなくブッ刺されたときの衝撃を
    思い出しました。。
    気持ちの良いものならちゃんと体験したい
    ものです。。
    ゴンザレスさん、開発は順調に
    進みそうですか??

  4. すごい店に行きましたね~。
    興味はあるけど、自分にはこの店に行く根性は、なさそうです…でも、行ってみたい気もする…
    (・_・)

  5. >おじさんさん
    ググっていただき、ありがとうございます
    ものスゴイ攻めでした
    (///∇//)
    リンク貼った方が便利なんですが、
    どーなんでしょうね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。