関内発『セラピア』 エロ過ぎる攻撃は筒香のホームランなみの破壊力ッス

いよいよプロ野球も開幕しましたね

 

いつも元気な姿しか見たことないような気がするキヨシ中畑みたいに、今宵も絶好チョーの僕の下半シーン

 

横浜ベイスターズの優勝を予感させるようなスペルマホームランを放ったのでありました

関内「セラピア」

今回は、再訪モードで過去二回のヌキヌキですっかり骨抜きにされた僕

 

関内駅から曙町までの道のりを、軽く半ボ●キで歩く

 

ウキウキと妄想しながら股間のあたりが膨らむのも止むをえませんな

 

受付で選んだのはDカッポーのM嬢

 

すでにガーマンお汁が出ているのが僕のチャームポイントだ

 

「週エス見た!」と告げて80分10K

 

いよいよM嬢とご対面

 

ひと目でホンキモードのスイッチがONになってしまったのは、きっと彼女から溢れ出まくりのフェロモンのせい

 

「こんにちは~」

 

どんだけ経験を積んだらこんなに艶っぽい人妻に仕上がるんだろう

 

僕なんか足もとにも及ばない数のS○Xをしてきたに違いない

 

ホーテールーじゃなくてどっか路地裏でお願いしたら、ホントに仁王立ちおフェラしてくれそうな程のお色気ですぞ

 

年期の入ったホテールーにINしてさっそく全ラーに、うっすら気づいてましたが、ホントにガマンお汁が出ておりましたよ

 

「なんかもう出てる~」

 

トロンと柔らかな特大オッパイは、まさしく僕のドストライク~

 

遠慮なくモミモミしたら、お珍宝様をニギニギしてくれた

 

なんかイイナ…

 

バスルームに移動して全身をウォッシング~

 

エロい手つきできちんと歌麿様を洗ってくれました

 

「カタいね~」

 

僕の硬くなったアソコと彼女のやわらかいお手手…

 

無意識で腰をフリフリしていた僕に

 

「ベッドに行ってからぁ~…」と

 

ウツブセーナでまずはお手並み拝見のノーマルマッサ

 

腕前は、ごく平均的な感じですな

 

だがしかし!

 

それよりなにより彼女の場合は、他に魅力が満載なのだ

 

じろじろ舐め回すようにそのボディラインを拝みたい、堪能したい、貪りたい…

 

なんだか全部ゆるしてくれそうな優しい雰囲気

 

エロスと母性がみごとに共存している感じ

 

そろそろウツブセーナが苦しくなってきたのを見越してか

 

早々にアオムケーナOKの嬉しい一声が~

 

M嬢わかってる~

 

これが若いコとチガウとこ

 

人妻ならではの包容力

 

僕はストイックに彼女のオッパイを揉みまくる

 

モミモミ…手のひらの握力がなくなるまで…

 

Ah…

 

歌麿様がすでにFBKなのは言わずもがな

 

ローションなのかガマン汁なのか、分からないくらいにドロドロな感じ

 

くっちゅんくっちゅん

 

これ程淫靡な音が、他に在るだろうか

 

ぐっちゅんぐっちゅん

 

巧みな上下運動のトリコとなった僕

 

その動きと一体化してゆさゆさ揺れるM嬢のオッパイ

 

視覚から、そして聴覚から、いろんな刺激が飛び込んでくる赤らんだお歌麿様は、往年の赤バットみたい・・・

 

「神様って…?」

 

くっちゅんくっちゅん

 

「一体どこに…?」

 

ぐっちゅんぐっちゅん

 

「うう…」

 

ぐっちゅんぐっちゅん

 

「女神さま…」

 

童心に返ったような僕の眼に映ったものは、野球の神様こと川上哲治の赤バット

 

それをシコシコしているエロエロ爆乳M嬢

 

「エロドリアーーーーーん!!」

 

ロッキー

やっぱり今回も期待を裏切らなかった

 

夜空の下、僕は伊勢佐木町モールをとぼとぼと歩く

 

今夜ならきっとメジャーリーガー級のホームランを打てる気がする

 

再訪、決まり

 

関内「セラピア」はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。