神田『バロス東京』神田離宮と呼ばれる日も近い…?

さっそく、BAROSという言葉の意味を調べてみた

モルジブにある観光地らしい

というよりモルジブってどこにあるんだ?

神田「バロス東京」

神田にもこんなお店があったのか

という雰囲気のホームページ

 

実際、行ってみないとわからないことが多いのはこの業界の常

 

神田にこんな綺麗なお店があるのかと半信半疑半BKのまま、西口を降りた

 

丁寧な電話対応で案内され、西口からほどほど近いマンションのインターホンを押す

 

神田駅西口からそれほど遠くないし、人も少ないエリアなので入りやすいのはポイントが高い

 

お出迎えは小柄な美人さん

 

ハキハキした感じと、パチクリした瞳が特徴的だ

 

座る時、思わず「おっととと…」と100%言ってしまうソファで問診表を書く

 

「みなさん驚きますねぇ」
と小柄なセラピストさんがニコニコしながら話かけてくれた

 

120分12K

 

服をヌギヌギし、バスローブをはおり、お一人シャワー

 

シャワーを終え、お部屋へ戻る

 

紙Pのことは何も言ってなかったし、聞く気もない

 

解放感に包まれながら、ノー紙Pでうつぶせからマッサージ開始

 

力の入ったマッサージは神田のチャイエスを思い出すが、以前は整体院にいたとか

 

なるほどね

 

小さい頃からグイグイマッサージに明け暮れ、お小遣いをもらいながら大人になったチャイエス嬢とはモノが違う

 

カラダのツボとリンパを完全に把握している施術は、自然と心にやすらぎを与えてくれる

 

脚から臀部へ移動し、中年の垂れ下がったケツをグイグイもみほぐす

 

「お尻はコリを感じにくいですが、実はマッサージしてあげるとスゴくいいんですよぉ」

 

確かに

 

たまに、草野球やフットサルなどの激しい運動をするとケツが筋肉痛になるが、普段は何も感じない

 

おシリを揉みほぐすことで、腰や脚にも効果的とかなんとか

 

いいね

 

知らない情報を聞くと頼りたくなる

 

プロとはこうあるべきだろう

 

仰向けコール

 

デコルテ部分から、脚へ

 

素敵な笑顔のまま、気持ちのいいツボを捉えてくれる

 

いつもなら、ここで胸の谷間にうつつを抜かすのだが、このレベルのマッサージならそのままカラダを委ねよう

 

そして、またうつぶせコール

 

ダブル仰向けはあるが、ダブルうつぶせは体験したことがない

 

そのまま、カエル足になり、後ろからコマネチラインをグイグイ…

 

前後にグイグイ動かすゴッドハンドが、解放感たっぷりの股間にも伝わる

 

この時間が永遠に続けばいいのに…

 

Oh…

 

FBK…

 

…………
帰り道、ぐるりと駅の周りを歩いてみる

 

入りくんだ路地に怪しい看板

 

居酒屋、キャバクラ、ピンサロ、チャイエス…

 

本来の神田を眺めながら、BAROS tokyoを反すうしている自分がいた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。