中目黒『レガート』完全FBKの青春夕焼物語

最近の中目は撫子店で溢れかえっています

 

どこにいこうか迷うが、ちょっと知っていそうなセラピ名前が並んでいたので、凸してみました

中目黒「レガート」

マンソンに入り、ピンポンを押す

 

電話の男性ではなく、ERそうな口元のセラピちゃんがお出迎えてくれるので、なぜかホッとしました

 

90分13K

 

深く沈んだソファから、よっこらしょと立ち上がると「深いですよねぇ」と微笑んでくれる

 

オイタしたい衝動にかられてしまいました

 

全ラーになりチャチャチャとシャワーを浴び、T紙Pを装着してお部屋へ戻る

 

うつぶせーナからマッサ開始

 

アロマも数種類あるらしいですが、よくわからないので「一番元気になるやつ」と答えておきました

 

タオルをかけ、全体的にカラダをほぐしてくれる

 

うつぶせーナの時は後頭部に全神経を傾け、OPIのターニーマーを見ようとしている

 

見えるわけがないですが、見ようとしている

 

心の眼が開くかも

 

まだまだ修行の身

 

心眼を会得した暁には、マッサしている全ての時間、ターニーマーをガン見できる

 

なんてこった!

 

素晴らしいではないか!

 

そんなことを考えていたら、オイリーナへ移っていました

 

「どこが疲れてますかぁ?」

「ティンポ!ティンポ!」

 

とは答えられず、「腰かな~」と普通の人間のような答えを出してしまいました

 

肩から背中、腰とだんだん下がっていき、そのまま、足のマッサ

 

「コッてますねぇ」

と言われましたが、ホントはティンポが一番コッている

 

力強いオイリーナと、背中で感じるエロオーラに歌麿様はしきりに「ちこー寄れ、ちこー寄れ」と言っていました

 

「うふふ」

 

A嬢のエロい微笑みに腰をカクカクしてみる

 

「うふふ、ダメですよぉ」

 

いい

なんかエロい

 

「なんかムズムズする、なんかムズムズする」

と言いながら、また腰をカクカクする

 

「もう、ダメですよぉ」

 

発情したセントバーナードをあやすように仰向けーナコール

 

両脚の間に陣取り、またエロい微笑みを浮かべている

 

A嬢による黄金比の黄金三角形

 

まさにAスタイル

 

T紙Pを高く持ち上げた歌麿様のギリギリ脇を何度もすり抜ける

 

熟練したお手手の動きと、時折目を合わせ軽く微笑むエロスマイル

 

何度も何度も対数螺旋を描き、その中心で踊り狂う歌麿様を見つめてくれる

 

あぁ…

なんて日だ

 

A嬢の服を脱ぎ捨て、お互いのカラダを舐め合いながら、宇宙の真理を語り合いたい

 

僕の心のビッグバンをコ・カーンから大放出し、銀河系を白濁の液体で包みこもう

 

そして、僕はこう言うのさ

 

「オレたちの国境は地平線さ」

 

「お疲れ様でしたぁ」

 

url

 

FBKのまま、シャワールームへ向かい気をしずめる

 

モンモンとした気持ちを抑えながら、次のお店をスマホで探している自分がいた

 

次こそは…

 

中目黒「レガート」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。