鷺沼『月の恋』月に代わってお尻ペンペンベムベラベロ

丸大食品のチキンハンバーグを食べながら鷺沼駅前に降りると、目の前でおっ勃っているボーリング場のデカピンが僕に話しかけてきました

a1234c2c

 

「おぉおぉきくなれよぉぉ」

鷺沼「月の恋」

「いらさませぇ」と元気にドアを開けてくれたのは、昔は結構ビジンダーだったであろう中姐

 

「今日は暑いネー」

「風も強いネー」

「ハンバーグ食べてきた?」

 

いきなりマシンガントークでコカーンを撃ち抜かれた

 

70分9K

 

早い時間だし、この中姐がお相手かな、と思いきや

 

「Hちゃーん」

 

お部屋に入ると、スレンダーながらグラマラスバデーのH嬢が出迎えてくれた

 

「こんにちわ」

 

目鼻立ちがキリっとした、こちらもビジンダーだ

 

「シャワーの準備してきますネー」

 

お湯を出してくるだけかと思いきや、なかなか戻ってこない

 

全ラーで待つこと3分、ようやくシャワールームへ案内された

 

「どーぞー」

 

桶に山盛りになっているアワアワ

 

そして下を見ると、石鹸王国御用達のゴールデンチェアーが…

 

 

存在感ハンパねぇ…

 

通称助平椅子に腰掛け、大量のアワアワをカラダに塗りまくり、ゆっくりと洗ってくれる

 

B地区周り、右腕、左腕、右脚、左脚

 

そして、コマネチスリスリセントラルポールリミックス…

 

Oh…yeah…

 

「気持ちいい?」

「気持ちいいよ」

「大きくなれよぉ」

「大きくなったよぉ」

 

完全FBKのままお部屋に戻り、うつぶせーナ

 

タオルをかけ、全身をほぐしてくれる

 

非常にうまいマッサだ

 

「マッサージ長いの?」

「マサージ長いヨー」

 

肩から首、背中、そして腰へ

 

自然の流れでコリかたまった僕のカラダをほぐしてくれる

 

心地いい…

 

すぐにスヤスヤしてしまう僕の耳元に、生暖かい吐息がかかる

 

優しく舌を這わせ、背中も吐息をかけてくれる

 

なんとも助平な女の子だ

 

再び耳元に戻し「仰向け…」とつぶやくH嬢が一瞬、杉本彩かと思ってしまった

 

仰向けになると、鷺沼ダンスが始まる

 

情熱的でありながら、優雅に

 

美しい白鳥が湖面で舞うように

 

「気持ちいい?」

 

「気持ちいいよ」

 

「大きくなれよぉ」

 

「大きくなったよぉ」

 

「チャイコフスキー?」

 

「イッチャイコフスキーーー!」

 

137212_1

意外にも華やかな街である鷺沼

 

鷺沼マダムは、このボーリング場のデカピンを見て、どう思っているのだろう

 

一人一人に聞いてみたいものだ

鷺沼「月の恋」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。