池袋『揉み匠』本格的な夏の到来に花咲く一輪のFBK

久しぶりに興奮しました

 

昔取ったスーパー杵柄というのでしょうか

 

元人気嬢というのは、いくつになってもお客さんを呼べるのだろう

池袋「揉み匠」

お電話すると

「今は予約でイパーイなのヨー」

と言われてしまいました

 

なるほど

 

でも、これはもの凄いラッキーチャンス

 

「ママさんは空いてるの?」

と聞くと

 

「私は空いてるわよ、ウフフ」

 

一気にコカーンに血液が集まる

 

ドアの向こうに夢があるなら、ドアが開くまで叩き続けるんだ

 

と言ったのはE.YAZAWA

 

2000本安打を打ったのはKENICHI YAZAWA

 

僕のコカーンはザワザワ

 

期待に胸を膨らます半BKだわだわ

 

与ー

 

与ー

 

塀、与ー

 

ドアを開けるとターニーマーが美しいいつものママさんがお出迎えしてくれる

 

この優しくて美しいママさんは、どこからどうみても色っぽい

 

いつかはこの巨NEWとともにマッサしマッサで、されマッサしてほしかった

 

その夢が叶うんだ

 

そう思うとまたコカーンに血液が集まり始めた

 

「全部脱いでネー」

 

すでに天井を向いている歌麿様とともに戦隊ルームへ移動する

 

笑顔の絶えないママさんが丁寧にアカスリ台をシャワーで温めてくれた

 

「どーじょー」

 

うつぶせーナになると、大量のアワアワで背中から脚、そしてOK2にスリスリヌリヌリ

 

熟練の技と絶妙なトーキング

 

「夏の連休はどこ行くのー?」

 

「私は熱海に行くのよー」

 

「カニが美味しいのよー」

 

年齢を重ねても、少女のような無邪気さを兼ね備えている艶々ママさん

 

滑らかすぎる手の動きとのギャップが、またコカーンに血液を集めてしまう

 

「仰向けでー」

 

前かがみになり、大量のアワアワをお腹辺りに乗せると、自然にOPIのターニーマーが目の前に迫ってくる

 

B地区まで見えそうな至近距離は計算か天然か

 

色白のお顔はいつもニコニコしているので、思わずオイタしたくなる

 

アワまみれになった歌麿様も綺麗に洗い、

「夏はさっぱりして気持ちいいでしょー」

と、また満面の笑みを浮かべてくれた

 

お部屋に戻り、うつぶせーナ

 

タオルをかけ、丁寧にほぐしてくれる

 

ママさんが昔、どのくらい活躍していたかはわからないが、美貌と技術を兼ね備え、いつもニコニコで丁寧な仕事っぷりを見ると、そうとうな人気嬢だったのだろうと推測できる

 

ここに若さが加わるのだ

 

走攻守揃ったイチローに若手の本塁打王プリンス・フィルダーが加わるようなものだ

 

最強ではないか

 

ジョー阪神からオイリーナを始め、徐々に下へ下がる

 

OK2のプニプニほっぺをもみほぐしがら、ケツメドラインを、つつつ…

 

さりげなくコーモンちゃまに触れられると、釣り上げられた魚のようにピクピクと動いてしまう

 

そこからシワシワのお袋様を引っ張りながら、柔らかいお手手を滑り込ませる

 

息を合わせるように腰を浮かせ、いわゆるひとつの「裏世界」へと誘うのだ

 

「いらっしゃいませ」

 

半BKでお待ちしていた歌麿様は、ヌルヌルのオイリーナに包まれると早々に完全FBKへと変貌する

 

東京ドームのホームベース上の天井カメラから見たら、何をやっているかわからない

 

この秘密の花園は、ビデオ判定でもきっとわからないだろう

 

再び釣りあげられた魚のようにピクピクすると、たまらない気持ちのまま、仰向けコール

 

大量のオイリーナとママさんの笑顔

 

春から夏に季節が変わるように、僕の心の中も温度が上がってくる

 

オレンジレンジでも聴きながら、踊り狂いたくなる気温だ

 

ちなみに関ジャニ∞の新曲「罪と夏」を聴くと、オレンジレンジを思い出す

 

あやまんの「夏あげモーション」も聴きたくなる

 

本格的な夏の到来に気分は上々

 

みんな夏のせいにすればいいのさ、と唄いながら優しいママさんの笑顔を見つめる

 

「君がカフェオレの味方になったら、モカとブラジルとコロンビアとキリマンジャロが束になってかかってきても絶対かなわない。君の日焼けはそれくらい魅力的だ」

 

「何それー」

 

「あやまんJAポーーーーーン!」

 

_SX355_

帰り道、電車の中で「夏あげモーション」を聴いてみました

 

思わず全ラーになって踊りそうでしたが、僕の中に少しだけある理性くんが引きとめてくれました

池袋「揉み匠」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。