久米川 『康楽』気持ちいい!チョー気持ちいい!こんにちわ!北島康楽です!

もう夏っすね

 

こんなフルティン日和は、全ラーでマラトンしたくなります

 

ロマンチックとムッシュムラムラが止まらりませぬ

久米川「康楽」

古そうなビルの階段を上がると、そこにお店はありました

 

汗を大量にかいたので、ウォッシュムラムラしてほしいです

 

階段を上りきると、ずんぐりした熟姐さんが受付にきてくれました

 

「あちゅいネー」

 

夏の挨拶は数百年変わらない

 

80分9.5K

 

ひと昔前の懐かしい雰囲気の店内

 

中姐ですが、郊外のお店にしてはまぁまぁなお身体のY嬢が今日の担当です

 

服を脱ぎ脱ぎし、アカスリルームへ

 

戦隊とアカスリが選べたので、ウォッシュムラムラな戦隊を選びました

 

うつぶせーナになると大量のアワアワが背中に乗せられる

 

柔らかいお手手で丁寧にのばすと、いやらしくOK2のワーレーメーに指先を突っ込んできた

 

夏だね

 

仰向けーナでも同じようにお腹の辺りにアワアワを乗せ、丁寧にB地区をスリスリーナ

 

からの、コ・カーンウォッシュ

 

ねじり込むような動きと、時折みせる高速ウォッシュに完全FBK

 

中姐のお顔がイタズラなお顔になる

 

「気持ちいい?」

「それは怪獣モチロンさ」

 

夏はこれに限るね

 

まさに、ウォッシュムラムラ

 

夏だね

 

お部屋に戻るとNo紙Pでうつぶせーナ

 

ガマンできない僕は、早々に仰向けーナに反転しました

 

「早いネー」

「ガーマンでーきないよー」

 

長い髪を後ろでまとめると、より妖艶さが増し、避暑地の避暑地の未亡人のようなオーラが狭いお部屋に充満してくる

 

大量のオイリーナを手につけたと思ったら、もったいぶるようにB地区をスリスリ

 

あぁ…

 

スリスリ

 

あぁ…

 

スリスリ

 

……

 

こっち…

 

こっちへ…

 

こっちへおいで

 

こっちへおいで

 

下腹部でお手手を呼んでる声が聞こえる

 

すでに完全FBKの歌麿様だ

 

「久米川も暑いね」

 

「どこに行っても暑いでショー」

 

「こんな日は花火でもやりたいね」

 

「花火打ち上げたいネー」

 

夏が来る

きっと夏は来る

真っ白な馬に乗ったFBKの王子様が~♪

 

あやしいBGMから夏らしい歌声が聞こえてきたので、歌麿様も唄い出す

 

夏ーの元気なご挨拶ー

 

日清サラダー油セットーーーー!

1b4f35be

お店を出ると、元気な太陽さんがサンサンと照らしてくれました

 

照らされれば照らされるほど、コーガンの中のセーシ工場は活発になります

 

さてさて

 

明日はどこへ行こうかしら

 

久米川「康楽」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。